2005年01月13日

「Kitaraにきたら見学ツアー」に参加

昨日、かねてから申し込んでいた
「Kitaraにきたら見学ツアー」に行ってきました。

小ホールは一度行ったことがあったのですが
大ホールやパイプオルガンの演奏を聞いたことが
なかったので、娘とわくわくしながら行ってきました。

ツアーは午前と午後の2回に分けて行われたのですが
300人くらいの方が参加なさっていたようです。

まず、小ホールでオルガンの説明と演奏を聴きました。
曲目は バッハ/3つのフーガより 第1番変ロ長調
     平井堅/瞳をとじて

その後大ホールに移動して大ホールの説明を聞き
いよいよパイプオルガンの演奏です。

曲目は バッハ/トッカータとフーガ ニ短調 作品565
          フーガ ト短調 作品578
     平原綾香/ジュピター

P1000071_edited-1







感想はとにかく音が広がってとても迫力のある演奏でした。
娘もとても感動したようで「良かったね」を連発していました。





P1000074





建物については全体が曲線を基調としていて、木をふんだんに
使っているのが印象的でした。
扉や床、手すりどれをとっても贅沢な作りで、それでいて
暖かみがって、心が豊かになるそんな雰囲気でした。


舞台は檜、壁は樺(だったと思います)を使っていました。
あちこちに大理石が使ってあり別世界のようです。

「この建物は札幌市民の財産なのです」と司会の方が
おっしゃっていたのがわかるような気がします。

来月は娘と初めての演奏会に行って来ます。
posted by pooh at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8765920

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。